当鍼灸院について

当鍼灸院について

梅原淳哉鍼灸室について

梅原淳哉鍼灸室では・・・

東洋医学の診断法に基づいて症状を的確に把握し、気血の流れを改善させることで、免疫力や自己治癒力を高め、心身ともに健康な状態に戻す施術を行っています。
これは「陰陽」、「五行」、「気血水」、「万病は五蔵の乱れより生じる」等による東洋医学の基本概念からでた生理、病理に基づいています。二千年以上に及ぶ臨床経験より築かれた先人の知恵が今日まで受け継がれ、二十一世紀の現在でも確固たる信頼が寄せられています。

鍼灸治療について 詳しくはよくあるご質問へ→

<鍼治療>

鍼は痛くありません

当院で使用するハリは毛髪程度のものです。高度な技術を持つベテランの鍼灸師による治療ですので痛みはほとんど感じません。

鍼では感染しません

使用するハリは全て滅菌済み1回限り使い捨ての新品です。他人に使用したものを再利用することは決してありません。安心して治療を受けられます。

<お灸治療>

お灸は熱くありません

穏やかな温かさを感じる程度の痕の残らないもの、「ちくり」とする程度の熱さで十分効果のあるお灸など、ご希望に合わせて行っております。決してこちらが強制するものではございません。
また、背中に大きなお灸の痕が残ることはありませんのでご安心ください。

裸になる必要はありません

東洋医学は全身治療ですが、治療に必要な部分(患部、肘から指先、膝からつま先、お腹、背中)が出やすい服装なら大丈夫です。裸になる必要はありません。

院長紹介

院長 梅原淳哉(ウメハラジュンヤ)

1956年生まれ。愛知県出身。中和鍼灸専門学校(現・中和医療専門学校)卒業。鍼灸治療家斉藤譽一氏に師事。経絡治療、脈診を修行。1997年愛知県名古屋市西区にホロス鍼灸治療院を開業する。そして、2007年に自身の名前である梅原淳哉鍼灸室に改名する。現在は伝統鍼灸医学を基本とし、鍼、灸、指圧、整骨を中心に、現代のストレス社会からくる心身の悩みや痛みを解決することに従事する。

・名古屋漢方鍼医会所属
・トライデントスポーツ医療看護専門学校 非常勤講師(令和2年3月退職)

  • 梅原淳哉鍼灸室
  • 052-532-1239

    [治療時間]午前9:00 ~ 12:00
         午後15:30 ~ 19:30
    [休診日]日曜、祝日、火曜日午後