気になる症状:漢方LIFE

気になる症状:漢方LIFE詳細

胃がおかしい・⑶もたれる


140926

胃がもたれるとは、食後3時間ほど経ってもまだ胃の中に食べたものが残っている症状のことです。

原因はいろいろありますが、胃の消化力が劣っていたり、胃の粘膜に炎症がある場合に起こりやすいです。

 

また、胃下垂で胃が骨盤近くまで下がっている場合もこのような症状があります。胃が下がっているために内容物が腸へ送り出しにくい形態であり、胃壁の筋力も弱いため、どうしても胃の中が空になるのに時間がかかるのです。

 

漢方医学では胃もたれの原因は腹部の水の滞りが関係していたり、また、体の冷えが胃の働きを悪くし胃もたれの原因だとも考えられています。もともと体力がない場合や、病中、病後で体力を消耗してしまい、体が冷えることで胃の働きが悪くなり胃もたれを起こしやすくしているのです。

 

鍼灸治療では体を温め、胃の働きを助ける施術をします。しかし、日頃の生活習慣をもう一度も見直すことも大切ですね。

 

以下の項目が複数当てはまる方は注意ましょう。

 

毎日冷たい飲み物を飲む。

食事をする時間が不規則。

虚弱で痩せている。

睡眠が不足。

お酒をたくさん飲む。

ストレスが多い。

夜遅くにたくさん食べる。

 

梅原淳哉鍼灸室

住所
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西2丁目18-11
アクセス
地下鉄鶴舞線・浅間町駅から徒歩10分
TEL 052-532-1239
治療時間
午前9:00 ~ 12:00
午後15:30 ~ 19:30
休診日 日曜、祝日、火曜日午後

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Svrmrc