気になる症状:漢方LIFE

気になる症状:漢方LIFE詳細

足がむくむ⑵


‚Þ‚­‚݃Cƒ‰ƒXƒg

 

漢方では、むくみは全身または局所の水

分の流れが滞る水毒が原因と考えています。

 

むくみは「水腫」「脹滿」 ともいい、漢方

の古典では「その本は腎にあり」といってい

ます。水腫の原因は腎にあるという意味

ですが、腎は水分代謝をつかさどる臓器で、

腎の水分代謝の働きは肺と脾の協力によっ

て成り立っていると考えられています。

 

胃や膀胱に熱があると、喉が渇いて水を飲み

過ぎることで胃に水が停滞(痰飲)したり、

また、体表に水が停滞して、むくみや関節が腫

れたりするなどの症状が出ます。

 

鍼灸治療では、臓腑経絡からその根本の熱や冷え

を取り除き、脾胃を整えたり、体表の気の流れ

を良くすることで余分な水を動かす施術をします。

 

また、血が滞る瘀血があると、巡りが悪くなる

ことで頑固な便秘や体の冷え、腹痛、むくみが

起こりやすくなります。

 

漢方薬

:五苓散や防已黄耆湯などがむくみを取り除きます。

:瘀血の症状がある場合は桂枝茯苓丸や、当帰芍薬散

 などの駆瘀血剤が有効です。

 

足がむくむ⑴

 

気になる症状

梅原淳哉鍼灸室

住所
〒451-0031
愛知県名古屋市西区城西2丁目18-11
アクセス
地下鉄鶴舞線・浅間町駅から徒歩10分
TEL 052-532-1239
治療時間
午前9:00 ~ 12:00
午後15:30 ~ 19:30
休診日 日曜、祝日、火曜日午後

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Svrmrc